スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県有機農業研究会大会に参加しました。

日本で最も美しい村の長野県小川村で1泊2日で開催された、

第32回長野県有機農業研究会大会
~農業から原発まで大地からその存在を考える~


に参加しました。
長野県有機農業研究会は、会員数250名程度の歴史ある組織です。
東日本を中心に、3.11東日本大震災以降、農産物の放射能汚染が危惧されています。
原発、放射能が今後の農産物の生産、販売に関わってくることから、今回のテーマになったそうです。

===============================
第30回長野研究機農業研究会大会にも参加したことがあります。
第30回大会では、『半農半X』の塩見直紀さんの講演と有機農家とのパネルディスカッションなどがありました。
===============================

まずは、講演会がありました。
演題:地球の時間から見た原子力と私たちを載せている大地の営み
講演者:河本和朗さん(大鹿村中央構造線博物館学芸員)

講演の内容は、地球の構造、大陸の形成、東北地方太平洋沖地震、原発、放射性物質などなど…。
特に印象に残っているのは、
☆地球は変動している。
☆400年前の古文書と100年間の観測データからは、1000年に1度の大地震を予知できなかった。
☆崩壊熱が問題。
☆東北地方太平洋沖地震と東日本大震災は区別すべき。

有機農研大会 有機農研大会講演


懇親会では、たくさんの面白い人とお酒を飲んで語り合いました。
特に哲学についてじっくり話を聞きました。

有機農研大会宿 有機農研大会小川村

有機農業は先進国から発展途上国まで、世界的に関心が高まっています。
有機農業に関心がある農学部生を、TTTを通して繋げたいです!

イベント運営という点でも、勉強になりました。
◆大会の開催は支部間の持ち回り制で、担当の支部から運営委員が選出されます。
◆他の支部からも委員が選出され、協力して開催します。
↑TTTのイベント開催の理想像だ
会場準備の効率的な方法、日程告知の手段などもTTTに生かせると思いました。

セーラさんが信大にやってきた!?

なんと!!

「セーラが町にやってきた」で有名なセーラ・マリ・カミングスさんが、

信州大学農学部にいらっしゃいました!!

↓セーラさんについて知らない方は、クリック。
セーラさんのプロフィール


セーラさんが来た理由は、『信州大学国際動物バイオテクノロジー会議』で特別講演をするためです。

名前の通り、バイオテクノロジー関係の学会なのですが、

信大農学部の教授がセーラさんを呼んでくれたそうです。

ありがたい!


講演内容は、

・小布施に来たキッカケ
・酒造り
・小布施ッション
・農業
・オブセマラソン
・ゴミ拾い活動
・瓦復興活動
・これから何を目指すか
などなど。



特に印象に残っているのは、

☆新しい事を始めようとすると、周りの人は「ダメ」と言う。

 でも、実行すると「タメ」になる。

☆「×」なことは、「+」になる。

☆「カワラナクッチャ」

~ 周りの人に反対されても、行動して変えることが大切。 ~



学生もたくさん参加していて、とても良い刺激をもらえたと思います。

バイオテクノロジー』と『地域活性化』。

どちらも農学の大切な分野ですね。

ぜひ、小布施ッションに参加しましょう!!
詳しくは⇒小布施ッション

物品購入。


信州大学から支給されたサークル費を使って、必要な物品を購入しました。

宮崎と中島と35くんの3人で買い出しに行きました。


===============================

<購入した物品リスト>

・ホワイトボード(中)
・ホワイトボード(大)
・ホワイトボード用のペン×4
・ホワイトボード消し

・ブルーシート×2

・マイク
・ラジカセ

・A4用紙
・油性マジック×7
・ボールペン×20
・カラーペン(18色セット)×2
・ポストイット(5色セット)×2

・名札(10枚入り)×4



思ったより、たくさん買うことができました。

この物品を利用して、ミーティングを効率よく進行させたいです。

イベントでも活躍してくれると思います

==================================


買い出しでは、新加入の35くんのことをもっとよく知り仲良くなることも目的でした。

その結果、35くんは『謎めいた男』であるとわかりました。

これから少しずつ、35くんの謎を解いていきます。

はじめまして。宮崎大輔です。

はじめまして。自己紹介します。

代表の宮崎大輔です。

信州大学大学院農学研究科修士課程1年です。



◆イチゴを収穫して、お酒を飲む

◆お酒を飲んで、ディジュを吹く。

◆フットサルして、お酒を飲む

◆お酒を飲んで、語り合う。

 こんな大学院生活を送っています。




☆経営が成り立つ農業をする!

☆農産物を通して「驚き」と「喜び」を送りたい。

ゲストハウスという、『新しい出逢いの場』を農業に取り入れたい。

青年海外協力隊に行く!

☆自分の目指す自分になる!

 こんな想いを持ってます。





今の自分の98%は、今まで出逢った人で出来ていると思っています。

それほど、人との出逢いで刺激を受け、成長してきました。

これからもTTTを通して、たくさんの人に出逢い成長し続けます。

よろしくお願いします。
プロフィール

学生団体TTT

Author:学生団体TTT
『全国農学系交流会』を開催している学生団体TTTです。
信州大学公認学生サークルです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。